面接は新卒採用で重要な位置を占めていますが、入念な面接を行ったとしても、新卒社員が数ヶ月で退職してしまうという事例があとを絶ちません。これは面接がごく短時間でしかないことや、回数が少ないために、企業や就職希望者のミスマッチが生じやすいのが原因としてあります。


この問題を解決しようと企業が取り組んでいるのが、インターンシップによる選考方法です。

1ヶ月などの長期にわたって、新卒採用予定の学生を実際に働かせたり、課題を与えて解決させるといったものです。



インターンシップ中には、学生にきちんと給与を払います。
福利厚生の一環としてDYMでは、2駅以内居住者には補助を出しているようです。


給与を受け取ることで、仕事に対する喜びや、やりがいを学生に感じてもらいやすくなります。
学生にとってもインターンシップのメリットはあります。
DYMは1000年先も残る企業を目指しています。



アルバイトくらいしか経験がない学生たちが、実際に企業の現場で長く働くことで、自分自身の能力を確認できるというよさがあります。

給与を受け取ることで、仕事に対する喜びや、やりがいを学生に感じてもらいやすくなります。

学生にとってもインターンシップのメリットはあります。アルバイトくらいしか経験がない学生たちが、実際に企業の現場で長く働くことで、自分自身の能力を確認できるというよさがあります。
自信にも繋がりますので、人として成長できる期間として利用できます。

インターンシップを経験し、一定の水準に達していると判断された学生は、企業から入社の許可を受けることができます。


そこで直ちに新卒採用として入社する学生は多いですが、決められた期間であれば、いつでも入社できるという約束をしてくれる企業もあり、その期限が訪れるまで他の企業で経験を積んだり、海外留学にチャレンジする学生も多く存在します。

インターンシップは新しい形の新卒採用の手段として、注目されています。